最も普及している種類ではありません。
ご注意 このウェッブサイトは、グレイを扱うUFO研究とは別の分野です。また、アダムスキーを既存のサイキック(心霊)として理解する研究とは別の分野です。奇怪しいフィーリング、可笑しいフィーリングとは別のフィーリングです。非社会的な活動とは別です。
With Cosmic Consciousness

コンタクト派アダムスキー派UFO研究会TFAのウェッブサイトです。
一般的な見解の奇怪しい、可笑しいイメージとは無関係です。

Yahoo! JAPAN

TFA web site
コンタクト派アダムスキー派UFO研究会TFAホームページ


アダムスキーはサイキックであらずとして活動しています。
サイキックに関連されている方々のニーズに
お応えすることは不可能です。
どうぞご連絡のないようにお願いいたします

ADAMSKI SENSE AND FEELING The Takanashi Flying Saucer Association The Offcial web site Designed and published by Kazuaki Takanashi
TFA RECENTNEWS
ADAMSKI CONTACT STORY
はじめてサーフィンされた方はお読みくださいCosmic Consciousnessとともに、考えを宇宙的と地球的に分ける作業UFO研究の種類アダムスキー派
よくある質問
TFAのコンセプトテレパシーUFOリンクEメール



















アダムスキー型円盤(CG)
CGを作った理由のひとつは、著作権の問題があるからです。私は訳あって資料を集めなかったものですから、活動を展開するのに困りました。
CGは所詮はCGです。
これからの研究者は、鮮明な写真や詳しい資料を収集して、UFOを製造してください。

 アダムスキー研究において最も重要な事について解説しているサイトへのリンクです。
アダムスキーの宇宙哲学 想念観察を基本とするUFO研究

2021年8月3日記
〇GAP活動の理解をめぐって他との違いから、日本GAP解散の翌日にTFAを発足しました。
これはアダムスキー研究の基本中の基本のいわゆる想念観察を実行してのGAP活動です。
想念観察はテレパシーの技術を利用するので、広くはテレパシー研究となります。
要するにテレパシー開発研究がアダムスキー研究の基本とも云えます。
テレパシー開発は難しい物ですが、難しくなってしまった要因は、サイキックの普及です。
これを正すためには、いわゆる想念観察が必須なのです。

2021年7月6日記
〇現在普及しているUFO研究は、便宜上の表現になりますが、サイキックの類になります。
当局の発表を題材にした科学的然とした情報もサイキックの類になります。
サイキックか非サイキックかは、いわゆる想念観察を実行して判定します。
アダムスキーはサイキックを否定していました。
アダムスキーはサイキックから非サイキックへ転向することを勧めました。
これこそがアダムスキー研究の基本中の基本です。
いわゆる想念観察を普及させることが〇〇〇〇〇の目的です。
想念観察はたとえばテレパシーを開発するまで続けます。
尤もテレパシーは想念観察が基本になりますから、想念観察は続けることになります。
〇テレパシー能力に長けている方が決定的に外すことがあります。
これについて私はずいぶんと考えました。
どうして決定的に外すのか、それはテレパシー能力が優れているからこそ起こることなのです。
さてそれを正しい方向へ修正するには、簡単には想念観察を実行します。

2021年6月24日記
〇本日はUFO記念日です。
私達アダムスキー派コンタクト派のUFO記念日は、11月20日になります。
本日は空飛ぶ円盤と言う名前が普及するきっかけとなったUFO研究において最も重要な日となります。UFO研究家として、ケネス・アーノルド氏と一連の出来事を発表した記者に心より敬意を表します。
 さてUFO記念日をめぐっては多数の解説が必要になります。
強いてはUFOの定義にも触れる項目もあります。
科学とは疑う事なり、UFO研究家は知性的権威を持った方々の「お決まり」に不和雷同するのではなく、本当はどうなのかを追求する必要はあります。

2021年6月1日記
〇代謝により、地球も住めなくなるので、他の惑星へ大挙移住する必要があり、宇宙船を大量に製造する必要があります。
スペース・プログラムの目的のひとつです。
地球でも引力の研究が進んでいて、小さな物なら浮かばせることが可能になっています。
〇〇はいわゆるフリーエネルギーで〇〇していますから、これを研究すればUFOの推進原理が解明されます。
科学的な最新ニュースでは、〇〇の〇の回転のスピードについて発表がありました。
UFOの〇〇〇を回転させると〇〇〇が発生すると考えられます。
これについては私は最近知りました。
私は日本GAP内では特に想念観察の普及活動が主体になっていました。
実はUFO製造が目的で日本GAPに入会したのですが、理由あって研究が進みませんでした。
私が日本GAP〇〇〇〇へ合流すればそれが叶った可能性もあります。
だが運命なのでしょう。

2021年6月1日記
〇UFO研究は、サイキックと非サイキックに分かれます。
アダムスキー研究もまたサイキックと非サイキックに分かれます。
アダムスキーはサイキックを否定していました。
サイキックから非サイキックに転向するには、想念観察(practice)を実行します。
サイキックとは非科学的な性質、非サイキックとは科学的と云うことです。
求道者は科学的に研究する必要があります。
科学的とは実際的と云うことです。
アダムスキーに関する活動も想念観察(practice)を実行して展開します。
〇私は中学生の頃、日本でカロッツェリアを創ろうと決心をしました。
だが最初の段階で頓挫したため、UFO製造を目標に転向しました。
17才の頃です。
超能力開発が主体となっていますが、今でもメカニズムの研究をしています。

2021年5月28日記
〇徹底的に想念観察を実行すると、たとえば、就寝中、一晩中覚醒して想念観察を実行したように感じることがあります。
要するに眠っていないと云う感覚です。
生理的には睡眠はとれていると思います。
このようなことは私だけでなくある女性の知人も経験していました。
〇想念観察はアダムスキー著「宇宙哲学」のpracticeのことです。
これはアダムスキー研究の基本中の基本になります。
これを正しく実行しない方々がほとんどなのですが、たとえば、次のような理由により正しく実行できません。

  1. 実は関心がない。
  2. 論理的に考える能力が不足している。
  3. テレパシー感受力が不足している
  4. 求道的でない。

2021年5月3日記
〇先般、アダムスキーの活動を巡る記事を読んだ。
文面通りではないと思うが、昔わからなかったことが理解できるようになったのだから、ネットの力は大きい。
浮かび上がるのは、アダムスキーをテーマにする活動は、サイキックの活動と非サイキックの活動が存在することだ。
いわゆる想念感動を実行すれば非サイキックとなる。
〇いわゆる想念感動とは、アダムスキー著「宇宙哲学」のプラクティスのことだ。
これは来るべき時代(宇宙時代)の考える方法である。
この方法は、四感覚器官(センスマインド)主体ではなく、いわゆるソウルマインドとの協調によって実行される。
この方法は仏教の五官を制するのと同じである。
〇昔、東京文化会館で行われていた日本GAP月例会にて、久保田会長の「アダムスキー研究の基本」のご講義があった。
これを私はしっかりと覚えている。
わかりやすくまとめると次の2点の組み合わせである。

  1. アダムスキーの表明は真実であるを標準として進める。
  2. アダムスキーはサイキックではないので、想念観察を実行して進める。

特に重要なのは、想念観察の実行である。これを実行することにより、サイキックから非サイキックに変わる。
〇アダムスキーをテーマに活動している方々のほとんどはサイキックですが、アダムスキーはサイキックを否定していました。
想念観察を実行していないとサイキックのままです。
要素が宇宙的性質か地球的性質かは宇宙の意識に伺いながら判定します。

More TFA TFA 会の説明 アダムスキー氏を全面的に支持しています。TFA ごあいさつTFA 活動報告 
Copyright (C) 2001-2021 Takanashi Flying Saucer Association. All Right Reserved.